· 

【仕事休もっ化計画】「プラスワン休暇」を実施しましょう!~2018年ゴールデンウィーク(岩手労働局からのお知らせ)

 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)のために、年次有給休暇を計画的に活用しましょう。
ゴールデンウィークは、労使協調のもと、土日、祝日に年次有給休暇を組み合わせた「プラスワン」休暇を実施し、連続休暇を取得しましょう。

 詳しくは、添付チラシや厚生労働省または岩手労働局のホームページをご覧になるか、下記受付先までお問い合わせください。

 

【お問い合わせ・受付先】

 岩手県労働局雇用環境・均等室

 電話 019-604-3010

チームのサポートがあれば、仕事も休日も、もっと輝く。

まずは、ゴールデンウィークからはじめよう!

「仕事休もっ化計画」

 

5月1日と5月2日を休むと9連休!

「休もっ化計画1」

  仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)のために、計画的に年次有給休暇を取ろう。

「休もっ化計画2」

 土日・祝日にプラスワン休暇して、連続休暇にしよう。

「休もっ化計画3」

 話し合いの機会をつくり、年次有給休暇を取りやすい会社にしよう。

 

◎年次有給休暇とは

 年次有給休暇は、労働基準法で定められた労働者に与えられた権利です。労働基準法において、労働者は

 ○ 6か月連続して雇われていること

 ○ 全労働日の8割以上出勤していること

を満たしていれば、10日間の年次有給休暇が付与され、申し出ることにより取得することができます(勤続年数、週所定労働日数等に応じて年次有給休暇の付与日数は異なります。)

 

◎年次有給休暇の取得率は

 年次有給休暇の取得率は、全国平均で51.0%(平成28年)と5割を若干上回って下回っていますが、依然として低調な状況です。

 年次有給休暇の取得が低調な理由として、「みんなに迷惑がかかると感じる」、「後で多忙になる」、「職場の雰囲気で取得しづらい」などが、全体の約3分の2を占めています。

 

◎年次有給休暇取得に向けた職場づくりを!

 年次有給休暇を取得することは、心身の疲労回復などのために必要です。さらに、年次有給休暇を取得しやすい環境は、仕事に対する意識やモチベーションを高め、仕事の生産性を向上させ、企業イメージの向上や優秀な人材の確保につながるなど、企業、労働者双方にメリットがあります。

 労働者が年次有給休暇の取得にためらいを感じないよう、労使双方で年次有給休暇の取得状況の確認や、取得率向上に向けた具体的な話し合いの機会をつくり、年次有給休暇を取得しやすい環境づくりに取り組みましょう。

 

◎土日・祝日と年次有給休暇を組み合わせて連続休暇に!

 今年のゴールデンウィークは、週休2日制の会社で、5月1日(火)、2日(水)を年次有給休暇とした場合(プラスワン休暇)、9連休となります。

 働き方・休み方を変える第一歩として、仕事休もっ化計画を実践しましょう。

 

【添付ファイル】

ダウンロード
「仕事休もっ化計画」~2018年ゴールデンウィーク【リーフレット】
リーフレット.pdf
PDFファイル 297.5 KB

【関連情報】